アフィリで稼ぐ!

自由への疾走~アフィリエイトで経済的自由をゲット!~

Read Article

ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」②

背中を押してくれる一文

『成功とは、今ほしいものを犠牲にして、本当にほしいものを手に入れることにほかならない!』

というジェームス・スキナー「成功の9ステップ【成功への道】」からの一文。

今やすっかり消費大国の面影をなくした日本の経済状態ですが、それでもフトコロの小銭を絞り取るように物量作戦で欲望を引出します。
この欲望に打ち勝つって大変ですよね。

なんだか明るい未来すら見えないと、つい、目先の喜びに走るのは凡人の仕方ないこと。
凡人と成功者の分岐点はまさにここかもしれません。
我が身を振り返るとなおさら(笑)。

たぶん、多くの人がこのことに気がついているんでしょうね。
でも、気がついていても信じられないんだと思います。
そこまでストイックになって本当に成功するのか、って。

何を成功とするかはともかく、内的に抱えている暗示的思考を言葉に変えられると、ちょっと頑張ってみようかな、と思える人は成功の一歩を踏み出したのかもしれません。

背中を押してくれる一文ではないでしょうか?

ブルース・リーとスキナー氏の共通点

燃えよドラゴン [Blu-ray]
ジェームス・スキナー氏、14歳の時に「いつか日本に住もう」と決意したそうです。
それから大学、専攻分野、就職先まで日本志向まっしぐら。
ブレてません。

なんで日本なのかよく分からないのですが、東洋的思想に詳しいのは事実。
本書でも日本や中国の諺だとか思想的な話が随所に出てきます。

そのひとつがブルース・リーの「燃えよ!ドラゴン」です。
スキナー氏、映画史上に残る屈指の作品とまで断言しています。

実際、ブルース・リーのジークンドーは独自のスタイルで思想的な表現をよく用いていました。
抽象的な言葉のなかに真実を見出そうとする姿勢、肉体をストイックに鍛え上げてジークンドーを高める目的意識、スキナー氏が成功へアプローチする方法と似通ったところがあります。

何事も頂点への手段は煮詰めると同じ味がするのかもしれません・・・

「燃えよ!ドラゴン」は、僕も大好きな作品ではあるけれど映画史上に残る屈指かどうかは…w

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

カルチョ☆メルマガ登録のご案内

只今、【カルチョ☆メルマガ】に登録していただけますと、サイトアフィリで使える美容・ダイエット・健康・金融・仕事・就職関連の記事をどーんと100記事プレゼントしています!
Return Top